端午の節句

STAY HOME WEEK -OUR HOLIDAY-

お恥ずかしい話だが、端午の節句というものが何のための行事なのか、最近まで知らなかった。確かに物心がつくかつかないか位のころに鯉のぼりや兜を飾っていたような記憶はあるが、それ以外に何のためにどういったことをするのか全く知らなかったのである。

BABY’S FIRST FESTIVAL

魔除けとしての端午の節句が始まったのは奈良時代で、鎌倉時代から江戸時代に至る武家社会の中で、男児の誕生を祝う儀式になったという。兜や破魔矢を夫婦の実家でそれぞれ買っていただいたのだが、時期も時期なので家族三人で静かにお祝いをする。

BABY’S FIRST FESTIVAL

節句を祝うというのがあまりピンとこなかったのだが、準備する中で慣習を知り、歴史を知ると、子供のお祝い事を見ても古来から日本が中国からの文化を取り入れ、日本独自の文化へと変えていったのだと改めて認識する。

BABY’S FIRST FESTIVAL

もともと古代中国では奇数が重なる日は悪い日だと考えられていたという。その厄払いの行事が、兜や甲冑にお守りとしての願いを込め、立身出世を願って鯉のぼりを出すようになった歴史は、いかにも日本らしいと思う。

BABY’S FIRST FESTIVAL
BABY’S FIRST FESTIVAL
BABY’S FIRST FESTIVAL

今回、このような騒動があり、親戚皆で祝う事は出来なかったが、家族三人でささやかではあってもお祝いできたのは、それはそれで有意義な時間だった。

BABY’S FIRST FESTIVAL
BABY’S FIRST FESTIVAL
BABY’S FIRST FESTIVAL

一日も早くこの騒動が収束する事と、来年は家族みんなでお祝いできる事を願っています。また、従業員、家族共々、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

BABY’S FIRST FESTIVAL
BABY’S FIRST FESTIVAL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です