借地のお悩み

地主さんから底地を買ってほしいと言われた

地主さんより、借地を買ってほしいと言われたら、買ったほうが得です。そして、路線価での底地の割合が3割でも4割でも、購入していただく際は5割でご提案させていただく事がほとんどです。
以前あった案件ですが、更地価格が1億円の土地で、借地割合が3割だったのですが、3000万円ではなく、5000万円でご提案させて頂きました。
当初、借地人さんは借地権割合を根拠に「3000万円であれば買う」という事でしたが、地主さんからしたら「更地であれば1億円の土地を善意で貸したのに、売るときは3000万円というのはおかしい」という事で5000万円というのは精一杯の価格でした。

結局「借地権割合というのは、相続の際の評価の割合で、売買価格には関係ない」「借りていた土地が5000万円で購入出来て、売却するときは1億円で売れる」「地主さんが底地を売ってくれるという事など滅多にない」という事をご説明し、快く5000万円で購入していただけました。

借地権割合等にこだわりすぎると、まとまる話もまとまらなくなります。その結果、底地は転売され当初の5000万円では購入できない金額まで値段が上がります。
地主さんと交渉するときは、あまり頑なにならず交渉されることをお勧めいたします。