借地のお悩み

借地上に建物を建てているが、土地が広すぎるので一部返還したい

借地人さんより、「土地の一部を返還したい」という要望を受けることがございます。そもそも土地が広いので、その一部を地主さんに返還するのですが、私共はその際、等価交換をご提案させて頂く事がほとんどです。
以前横浜であった案件ですが、借地権の更新時に、借地人さんが借りている土地が大きいので、「その土地を返還して地代を下げるか、底地の一部だけ譲ってほしい」というご相談を頂きました。

そこで私共のほうで地主さんには「"建物の建っている底地"と"庭の借地権"を等価交換しませんか」と提案してみました。つまり、「建物が建っている部分の土地を借地人さんに無償で譲渡し、庭になっている部分の借地権を解約し、地主様と借地人様50:50で所有権にしましょう」という事です。

地主さんもたまたま代替りのタイミングだったこともあり、将来的には底地の売却をしたいと思っていて等価交換に快諾していただきました。

借地人さんにこの事を報告すると、「土地が広すぎて手入れも大変だったし、タダで土地が所有権になって良かった」と大変喜んでいただきました。

その後、地主様の土地は売却のお手伝いをさせて頂き、「所有権になって非常に売りやすかったし助かった」という嬉しい言葉を頂きました。借地権の更新や、代替わりを考えられている際、一度借地権について見直しをされてみてはいかがでしょうか?